オムツ花王メリーズCM撮影現場について

赤ちゃんモデル募集オムツ花王メリーズCM撮影現場ってどんなところ?

赤ちゃんモデル

 

憧れのオムツCM撮影現場に参加しました!

 

敗者復活でオムツCMに採用

赤ちゃんモデル=オムツモデルというくらい、花形のオムツモデル。息子は幸運にもオムツの店頭広告用写真オーディションに合格し、撮影をさせていただくことができました。その後行われたCMオーディション、2次選考までいったのですが、連絡待ち。おそらく不合格だとおもっていました。
しかし撮影2日前、合格していた赤ちゃんが風邪でバタバタと倒れ、店頭広告での実績が買われたのか、急遽撮影可能か連絡が入ったのです。撮影場所は自宅から車で20分の距離。近いのも有利だったらしく採用となりました。

 

赤ちゃん最優先の環境

撮影スタジオに朝7時15分集合。あいかわらず赤ちゃんモデルの朝は早いです。現場についてみると、さすがオムツCMなのか、驚く程赤ちゃんのための環境が整っていました。

 

普通の撮影なら、殺風景な楽屋に何組もの親子を待たせ、親のお弁当はあっても、赤ちゃんの飲み物や食べ物はすべて持参です。
撮影では若い女性アシスタントさんが、目線の誘導などはしてくれますが、母親の出番が不可欠。しかしこの現場ではベビーハンドラーさんがいらっしゃったのです。

 

ベビーハンドラーとは、赤ちゃんモデル扱いのプロ。撮影中の赤ちゃんの動き誘導、カメラ目線、笑顔作りだけではなく、控え室の準備から、赤ちゃん用の食事、おやつの準備、さらにママのメンタルサポートまで、赤ちゃんモデル親子にとって、母のような頼もしい存在なのです。
いらっしゃったのはこの道30年の大ベテラン。広々とした赤ちゃん専用の控え室に、赤ちゃん用のレトルト食品、おむすび、おやつ、飲み物が数種類準備され、お昼寝用の布団も完備。撮影スタジオの中にも、暗幕で囲んで、授乳やあかちゃんを休ませることができるスペースを作っておいてくれました。

 

ライバルはモデル史上最大の4人

今回はダブルキャストどころか、赤ちゃんモデルはなんと4人。今までのお仕事では、広告に採用されるのが1人だった場合、最大でも撮影は3人でした。撮影用に大掛かりなセットが組まれ、タレントさんも起用、予算をかけているだけに、赤ちゃんモデルも念には念を入れ4人。CM採用確率はかなり低いですが、「好きな時間に寝て、機嫌のいい順に撮っていきましょう」という、とてもありがたい設定でした。

 

頼もしいベビーハンドラー

息子の番が回ってきました。雲の上の公園のようなセットの中で、パパタレントさんと一緒に、走ったり遊んだり。息子は元気に駆け回ります。その後ろを30kgの大型カメラを息子の目線まで下がるように肩から吊るしたカメラマン、コードをさばくスタッフさんなど男性3人が追いかけます。テレビでみると、微笑ましいシーンですが、撮影現場は体力勝負のすさまじい世界でした。
そこで大活躍するベビーハンドラー。目線誘導には、息子の目を引くおもちゃが続々と登場。いつもは母親が冷や汗をかきながらやるところを、すべてやっていただけました。撮影後も「よく撮れていたと思うわよ」など、母親へのフォローもとても心強かったです。

 

誰が採用されたかは、CMオンエアまで秘密

他の3人の赤ちゃんたちも撮影が終わりました。控え室からはスタジオが見えません。「泣いてダメだった〜」「なんとか撮れました」など、帰ってきたお母さんの反応から、撮影の出来を推し量りました。息子はよく撮れた方だったようでしたが、こればかりは、発表までわかりません。
撮影から、数ヵ月後いよいよCMのオンエアが。食い入るように画面を見つめると「あ〜!息子じゃない!!」
ダメでした〜。映っていたのは九州から来ていたテアトルアカデミーの男の子。
赤ちゃんモデルはテアトルアカデミーが一番と言われるように、やはりちょっと違うなぁ〜と言う印象でした。
さすが九州から呼ばれるだけあって、制作側も本命だったんでしょうね。とても残念でしたが、ヨチヨチ具合もオムツの特徴にちょうどよく、そしてなんといってもカワイイ!
残念に思いながらも録画したCMをよくよく見ると、赤ちゃんの顔が映らないオムツとお腹周りの映像、パパタレントさんに高い高いされている赤ちゃんの映像、息子です!!
母親にしかわからない出演でしたが、本命の赤ちゃんが撮れなかった部分に、息子の映像が使われたようでした。まあこれも記念すべきCM出演ですね。

 

 

店頭広告、CM、ネット、雑誌広告に出演

CM撮影終了後「明日の撮影来られる?」と突然のご依頼が。パパタレントさんに慣れ、動きも笑顔もよかったので、ネットと雑誌広告にオーディションなしで採用されたのです。

 

翌日は、都心のスタジオでパパタレントさんと触れ合っている写真を数ポーズ撮影。CMでは顔が映りませんでしたが、この撮影で撮った写真が、赤ちゃん雑誌に見開きで大きく広告が何ヶ月も載り、HPにも掲載されました。
結局このオムツモデルで、店頭広告、CM撮影、ネット、雑誌広告のお仕事をし、3回のオーディション、3日間の撮影でギャラは10万円でした(源泉、手数料等引く前、手取りは6割程度)
ギャラが高いか安いかはわかりませんが、気軽な気持ちで赤ちゃんモデルをはじめて、いろいろな撮影現場に行かせていただき、ここまで経験できたら充分という気持ちでしたね。
私の息子が所属していたのは、クレヨンという事務所だったのですが、赤ちゃんモデルならテアトルアカデミーが一番と言う話もあるみたいです。